FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年陰陽師 こぼれる滴とうずくまれ(結城光流/著)

2013年02月12日 22:36

角川BEANS文庫。
発売日:2012/9/29

【梗概】

時為平安。稀代大陰陽師安倍晴明跟陰陽寮的対決結束、本以為都城能迎来安穏的日子了,然而,留下「我不在這期間、后面就都交給你啦昌浩」這様一句話去了吉野的晴明,却就此断了消息。更甚者,昌親的女児也被講出不吉预言的妖怪『件』襲撃了。到達現場的昌浩从残留的妖气中,竟然感到了酷似晴明的气息!?祖孫之間曾那麼和睦的牵絆,緩緩地開始壊去──絶好調“尸櫻編”第二巻。



【過去感想】尸櫻編第一巻

『唔?這封面…?』跟当初風音篇第二巻很像…臉没有露出来、背向読者的紅蓮。這个這个↓


看完整本后,该説是『果然…』呢,還是『怎麼又…』呢。十八的昌浩又遇到這種跟十四時一様的事情,一是新鮮稍不足、二是給人一種“你真的成長了吗…”之感。

从开头昌浩就做了跟四年前一様的梦,然后被感冒很严重的敏次説了『有失物之相』,『失去的是花』等等等等。
↑這麼既視感強烈的征兆,就算有“花”這種关键字的誤導也显然肯定還是那个人麼!這種事花了一整巻才写到它从预兆変成現実,进展略缓慢。雖然字数多和人物内心描写细腻也有很大関系就是啦。

目前的情節是:本应去了吉野静养的晴明,意外失踪后再出現時就是帶着神将一路追殺両个叫做“屍”和“咲光映”的少年少女,其中的少年屍還対着晴明様子的人説『絶対不会把她交給你的,尸櫻』,并且総是放出不吉预言的妖怪“件”不知怎的也成了晴明的手下
这个“件”在口吐预言的过程里先后害昌親的女儿梓跟成親懐孕的妻子篤子身体悪化,而昌浩也是在追踪这个妖怪時進入尸櫻的世界和晴明撞上,并遭到了青龍和太陰几个的攻撃。晴明和几个神将执意要帶走咲光映且不作任何説明,昌浩和紅蓮以及勾陣進行阻拦,双方发生激闘…

冷笑着。件。
放出预言的件,正盯住了昌浩冷笑着。
件,還有站在旁边的人,昌浩只是茫然地看着他們。
敌人。誰是。
因為、那个是。
「………爺…爺…」
颤抖的声音有些嘶哑,听起来是連自己都有些吃驚的微弱。
那个老人,看向了昌浩。
解开了刀印的左手放到了件的头上,像在夸它似的抚摸着。
布有深深皱紋的臉,在静静地嗤笑着。
飘飘洒洒飞舞着的花瓣,割裂了昌浩的脸颊。
轻微的疼痛。這无可否认地令昌浩知道,這是在現実。
件藏進了树木的阴影。留在原地的老人,緩緩地開了口。
「青龍、太陰」
神将們的肩抖了一下。
「把屍跟咲光映帶走。咲光映要活的,屍是死是活都不要緊」
冷淡的语調在風中溶解開去。
晴明瞥了昌浩一眼,便又以左手結起了刀印,右手却依然只是垂在下面。
還是第一次看到祖父只用左手結印呢,昌浩朦胧地想道。
或許是思維麻痹了,開始逃避現実了也説不定。
受了主命的青龍,正以严厉的表情凝視着紅蓮。用風武装起来的太陰,正狠狠地瞪着棘手的勾陣。
両人都不帶一丝犹疑。倾力的神气包围着他們,充満了近似殺气的激揚。
勾陣頭也不回地、将昌浩更向後推了一把。
「勾陣…」
「退下点、昌浩。会波及到你」
意思是,太陰的攻撃要来了。
昌浩向着浮在高空的太陰抬起頭去。
 ──不過呢、吉野什麼的也就是飛一小下,就由我来給你接送到都城也可以啦
那難道不是、仅仅几天之前的事情吗。
「你退下、昌浩。就像勾陣説的那様。……不然会受傷的」
「光受点傷就行了啊」
看到勾陣這様小声嘟囔的太陰,双眸发出了冷冽的光芒。
「前提是你全都給接下来啊!」
太陰揚起到頭頂的両手之間,生出了白色打着旋呼啸起来的風涡。
桜花飞舞着散开了。巻進了太陰放出的風里,狂乱地横行。
難以忍耐地、昌浩下意识跑到了勾陣的前方。
「太陰、為什麼啊!」
「吵死了!」
伴随着怒号風矛也应声落下。
昌浩看到了。她桔梗色的眼瞳,確実在劇烈地動搖着。



从来都在做坚实后盾的爺爺這次不在身边,而且貌似還変成了大BOSS。(晴明=尸櫻?)
本巻前半還在比較悠闲地講軽松的日常小段子,但後半日常完全被颠覆,局面突然就変成了(昌浩+紅蓮勾陣六合+風音) vs (晴明+青龍太陰朱雀+其他不明身份的妖魔)。而且,如果一共五巻的話搞不好到第三巻都還不会解明幕后敌人到底是誰有何目的…這種和玉依篇、籠目篇都比較類似的架构,能不能再稍微想想辧法了啊結城老師,請再多来一点爽快感吧TT
而且最后的最后是怎回事,天一…!?

総之説到底還是会忍不住想,為什麼又是紅蓮第一个被撂倒,最強神将的名号到底怎麼了…;;
朱雀也有点可怜…TT

【追記】就連平常那麼害怕腾蛇的太陰也説着『我要保护晴明』而去拼命跟解除了金冠的紅蓮戦斗,細想来真的有什麼隐情吧。
還有這个晴明,并没有叫青龍為『宵藍』啊。

尸櫻編第3巻,本月28日発売。(都拖到下一巻要発売了才来写这一巻感想的人…)
関連記事


コメント

  1. Рады предоставить Вам официальный сайт Елены Голуновой

    Все желающие, заходите к нам на официальный сайт сайт https://golunova-elena.ru/ Елены Голуновой.

    Добро пожаловать на официальный сайт Елены Голуновой.

    Тут вы сможете задать любой волнующий Вас вопрос сильнейшему экстрасенсу 13 битвы экстрасенсов.
    Официальный сайт Елены Голуновой

    Здравствуйте! Меня зовут Елена Голунова, я приветствую Вас на своем официальном сайте! Здесь Вы найдете информацию обо мне и фотографии, а так же через мой сайт вы сможете задать мне вопрос пройдя тест.

    Я урожанка Новосибирска и мне 43 года, экстросенсорикой я занимаюсь очень давно в основном черная магия меня интересует которая не менее эффективна чем белая магия.

    У меня трое сыновей, Влад который Кадони 25-и лет, до него Виктор Голунов и средний сын Дмитрий которому 15 лет и он уже обладает способностями.

    Наш сайт https://golunova-elena.ru/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nanaminorenka.blog21.fc2.com/tb.php/1190-70eacc7e
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。